プレスリリース-国内初!アルペン、インメモリ型DB「高速機関」をグループ全店舗へ


2011年11月22日

プレスリリース

2011年11月22日

株式会社アルペン

株式会社高速屋

国内初!アルペン、インメモリ型DB「高速機関」をグループ全店舗へ

大規模基幹系システムとしては国内最大規模の導入!

~顧客の問い合わせにその場で対応、運用コストの低減も達成~

 スポーツ用品販売最大手・株式会社アルペン(本社:愛知県名古屋市/代表取締役:水野泰三)は、グループ全370店舗からなる大規模基幹系システムに、株式会社高速屋(本社:神奈川県川崎市/代表取締役:新庄耕太郎)の、超高速メモリ型データベース(以下、DB)「高速機関」を導入し、11月より運用を開始したことを発表いたします。

 全国370店舗からなる大規模基幹系システム(各店舗設置のPOS端末、ハンディターミナル端末およびPDAに直結するサーバ、本社でそれを統括するサーバ)へのインメモリ型DB導入はこれまで例がなく、国内初となります。

 アルペンの導入目的は、各店舗での顧客満足度の向上です。店舗でお客様にお買い物を楽しんでいただくためには、在庫確認等への対応の速さが重要なポイントとなります。従来DBでは休日の混雑時などに問い合わせが殺到するとシステムからの応答速度が遅くなるという課題を抱えており、その解決策として「高速機関」の導入が決定いたしました。
 同時に、システムのトータル運用コストの削減も実現しております。

【導入で得られた効果】
① 店舗での問い合わせ処理の高速化による顧客満足度の向上:
お客様が欲しい商品在庫が店舗にない場合、近隣店舗・倉庫、メーカー発注などへの迅速な対応が求められております。新システムでは、繁忙時であってもお客様を待たせることなく、その場で瞬時に自店舗はもとより、近隣店舗の在庫についても問い合わせることが出来ます。加えて、全社間のデータの整合性を取る処理が高速化されたことにより、さらにリアルタイムに近い在庫運用ができるようになりました。

② 本社での業績集計・分析業務の迅速化、それに伴う業務時間の短縮:
週のはじめ、月末・月初には商品の販売傾向や在庫状況の分析、それに則った発注、入出庫業務などが集中します。このため従来は早出出勤などでの対応を余儀なくされていましたが、新システムでは処理が高速になったため、早出の必要がなくなり、定時出勤で対応可能になりました。さらに、4時間もかかっていた夜間の集計バッチ処理が僅か10分で済むなど従来に比べ大幅に高速化したため、運用負荷が減少するなど、トータルな業務の効率化が達成されています。

③ システム運用業務の改善:
各サーバ間にまたがるバッチ処理を廃止し、それぞれのサーバ間の独立性を高めたことで障害の波及範囲が限定されました。また、復旧処理の自動化により、システム運用コストが大幅に削減できました。

【「高速機関」の技術の独自性】
 一般のDBは検索や集計の性能を上げると、INDEX作成時間が長くなるため、データロード(取り込み)時間が長くなると言うジレンマを抱えています。「高速機関」は、従来型DBとは全く異なるINDEX技術をベースにすることで、検索や集計の高速性を持ちながら、データロードも高速に実行すると言う、“高速性の両立”を実現しています。
 「高速機関」は、この特性により、検索や集計などの問い合わせ型処理のみでなく、大規模データに対するバッチ処理の高速化にも威力を発揮します。また、「高速機関」はインメモリ型DBであっても、COMMITごとに更新ログをDISKに書き出し、その間の電源ダウン時にも対応できるなど高い信頼性を保有しています。

【この度の導入に向けた開発についてのトピックス】
 開発効率を上げるため、現行のアプリケーション資産を流用するコンバート方式を採用しました。現行のアプリケーションはシーケンシャルファイル型データベース上に構築されており、正規化リレーショナルスキーマを設計思想とする「高速機関」上に、そのままコンバート方式で移植するには性能面でリスクがありました。
 結果的には「高速機関」とインターフェースする部分を共通化することでCOBOLやVBに手を入れずに、目標性能を達成することができました。「高速機関」が保有する基本性能の高さが証明されたことになります。

 以上、今後もアルペンは、お客様にご満足いただける店舗運営を実現すべく、情報活用を進め、更に業務改善を図ってまいります。

【会社概要】
●社名 :株式会社アルペン
●URL :http://www.alpen-group.jp/
●本社所在地:〒 460-8637 愛知県名古屋市中区丸の内二丁目9番40号
●設立年月日:1972 年
●代表者 :代表取締役 水野 泰三

●社名 :株式会社高速屋
●URL :https://www.kousokuya.co.jp/
●本社所在地:〒 212-0027 神奈川県川崎市幸区新塚越201
●設立年月日:2002 年
●代表者 :代表取締役 新庄 耕太郎

【広報窓口】
●株式会社高速屋 管理部 関口博司
●URL :https://www.kousokuya.co.jp/
TEL:044-520-0262 FAX: 044-520-0263

Top