【2014年4月22日】 テラバイト級データの超高速処理“実演”セミナーで講演いたします


2014年04月08日

高速屋は来る4月22日(火)に行われる「テラバイト級データの超高速処理“実演”セミナー」に参加する運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。
高速屋が加盟しておりますBOE(Built on Express Advantage)コンソーシアム主催にてとり行われる本セミナーでは、大容量データの高速処理実演のみならず、ストレージ最新テクノロジーや業務活用事例もご紹介いたします。
BOEコンソーシアムは、「経営のスピード化」「ITシステムの最適化」「コスト削減」といった中堅・中小企業様の喫緊の課題を解決すべく、お客様のニーズを理解し、成功の実現をサポートする製品やサービスを、メンバー企業との連携により、手の届きやすい形で提供している団体です。
団体の枠を超え、各企業の持つソリューションや得意分野を紹介するイベントとなっております。是非ご来場いただき、最新情報を入手するとともにビジネスの拡大を推進していただければ幸いです。

●対象:
・アプリケーション、バッチの処理遅延、ディスクIOボトルネックでお悩みの方
・次期ストレージを検討するにあたり、ストレージの最新テクノロジにご興味のある方
・ビッグデータやITと密接にかかわる業務部門のご担当の方(Hadoop等をご検討の方、含む)
・ITインフラのご提案に関わるパートナーの営業担当・技術担当の方

当日、高速屋は「FlashSystem+高速機関+DataSpiderによる“超高速”ビッグデータ連携処理プラットフォームのご紹介」と題しまして講演いたします(セッション時刻:15:30~16:30)
テラバイト級のWebアクセスログデータを使用した“超高速”分散処理-データロードから検索集計までのデモストレーションをその場でご覧いただきます。

●セミナー概要:

    日時: 2014年4月22日(火)14:00~16:30(13:30受付開始)
    会場: 日本アイ・ビー・エム株式会社 名古屋事業所(中区錦)[地図]
    主催: BOEコンソーシアム
    後援: 日本アイ・ビー・エム株式会社  株式会社高速屋
    参加費: 無料(事前登録制:定員20名)

バッチ/バックアップ処理、データベースのERPの処理、デスクトップ仮想化、Webのログデータの解析など、ビッグデータ分析における様々な処理が増えており、こうした処理に対して、フラッシュストレージ、インメモリ・データベースといった、様々なテクノロジーが直近で急速に発展をみせています。
最新の技術動向をふまえてお伝えいたします。お誘いあわせの上是非ご参加ください。

Top