【2014年3月7日】 ITSとスマートテクノロジー利活用セミナーに参加いたします


2014年02月10日

高速屋は、来る3月7日(金)に行われる「ITSとスマートテクノロジー利活用セミナー」におきましてITS、クラウド、M2M(Machine to Machine)で取り扱われるビッグデータ、スマート情報システムとの関わり・利活用に関する先端事例のご紹介をいたしますので、ここにご案内申し上げます。

ITS(Intelligent Transport System)は、交通安全、渋滞対策、環境対策などを当初の目的として発展してきた人と車と道路とを情報で結ぶ技術です。すでに多くの高速道路で実現されてきており、医療や農業の分野でも利用しようという動きがあります。
東日本大震災では、情報伝達の遮断などの問題もあり、強固で柔軟性の高い社会基盤作りが求められています。

主催者様であります九州ITS利活用研究会では、車だけではなくその他の公共交通機関も含めた、九州内の産学官が一体となり、活気がある住みやすい街づくりを目指した次世代システムのグランドデザイン作成、実証実験の実施準備、関連機器を含めた組込みシステムの開発、海外展開を研究課題としています。

高速屋は当日、「ビッグデータを自在に利活用する、純国産の高速データ解析ソリューション『スキーマレスデータ分析エンジン』」(仮題)と題しまして、講演いたします(セッション時刻: 16:10~17:00)

    日時: 2014年3月7日(金)14:00~17:00
    会場: 福岡SRPセンタービル2F(福岡市早良区百道浜2-1-22)
    主催: 株式会社UDF/九州IT&ITS利活用推進協議会(QPITS)
    定員: 90名(申込み:先着順)
    参加費: 無料(交流会(17:30~19:30)3,000円)

Top