貴社の悩み・ニーズ

  • クエリーの応答があまりにも遅く、ストレスを感じる
  • バッチ処理やデータベースの更新に時間がかかり過ぎてサービスに支障が出る。改修・拡張に伴う保守・運用コストも増大
  • ビッグデータの分析環境をもっと安く、手軽に導入したい
  • データ処理に伴う消費電力を抑えて、小型コンピュータ上で高速にデータを処理したい
  • 売上アップ、顧客満足度の向上、競争優位の獲得など、自社の付加価値向上に繋がる戦略的なデータ活用を実現したい
  • 日々の分析業務や、システム運用の負荷を減らして人的資源の効率化を図りたい


高速屋の高速データ処理技術が、これらの悩み・ニーズを解決します

バリュー1: スピードを改善

高速データ処理技術は、問題となっているデータ処理スピードを改善します。独自のソフトウェア技術により、CPU1コアあたりの処理能力を他社製品よりも約20倍高めることができます。

これにより、クエリーの応答性能やスループットが20~100倍向上します。また、バッチ処理時間を10分の1~20分の1以下に短縮します。発生したデータを即時に使用可能な状態にして、常に最新のデータを活用できます。

バリュー2 :コストを削減

高速データ処理技術は、膨大なデータを高速に処理するために必要なコストを削減します。

通常、数億件以上の膨大なデータの高速処理には専用のアプライアンスサーバ、あるいは大規模な分散バッチ処理システムを必要としますが、高速データ処理技術は、同等の高速処理を汎用のPCサーバー1~数台で実現できます。

これにより、システムの導入費用を従来の3分の1以下に抑えます。また、高い処理能力と小さなフットプリントにより、データ処理に伴う消費電力を従来の1,000分の1以下に抑えます。これにより、低スペックなハードウェア上でも高速なデータ処理が可能です。

バリュー3: 付加価値を向上

高速データ処理技術は、スピード改善とコスト削減の両立によってサービスの付加価値を向上します。
高速かつ低コストなデータ処理が「攻め」のIT投資を促進し、これまでは実現が難しかった新たなデータ活用を可能にします。
高速かつ低コストなデータ処理が分析や運用の負荷を減らし、日々の業務を効率化します。

Top